おすすめサービス紹介

空いているキッチンを1日単位でシェアして収益UP|株式会社cookpy

更新日:2022.08.12
渋谷駅近!!徒歩5分以内オフィス

「飲食店のキッチン借りてみたいな」と思っていたり、悩んでいたりしませんか?
飲食店の非稼働時間を利用すれば、解決できます!

そこで今回は、株式会社cookpyについて紹介していきます。

 

1.会社紹介

【株式会社cookpy】

2017年10月設立。東京都港区に拠点を構え、クラウド型キッチンマッチングサービス「cookpy」を展開しています。「cookpy」を利用することでスペース提供側である店舗は1日単位から空いている時間に空いているスペースを貸し出すことができ、ユーザー側は1日単位からスペースを借りて自分ブランドのレストランを開店することができます。「cookpy」は、1日目から低いコストで自分のお店を開く機会を提供することを目標にサービス展開しています。導入にあたって飲食店舗の先行投資は一切不要で、初期費用は必要ありません。同社は注文ごとに収益があがる仕組みなので導入店舗と利害が一致していることも特徴です。

画像出典:株式会社cookpy

 

2.サービス紹介

2-1.クラウドキッチンマッチングサービス

昨今単身世帯の増加や働き方改革によるリモートワークへのシフトにより、外食から中食への動きが加速しています。このような環境下で飲食店が売上を伸ばしていくには、店舗の非稼働時間を活用し、効率的に収益を上げられる仕組みが必要です。同社が提供するサービスでは、店舗などにおいてキッチンの非稼働時間をシェアして収益をアップしたい飲食店と、料理が得意な人からなる国内初のクラウド型キッチンマッチングサービスです。以下、導入するメリットについても紹介します。

 

<店舗側のメリット>

・最低1日から貸出が可能

・アイドリングタイムの有効活用

・多くの方と日替わりでマッチングすることでリスク分散し、安定的な収益へ繋げることが可能

・導入初期費用不要

・月額費用不要

・仕入れ費用不要

上記の通り、1日から貸出可能で初期費用や月額費用は不要です。収益は純売上高の10%が支払われます。

 

画像出典:株式会社cookpy

 

<借りる側のメリット>

・1日単位からキッチンを借り、出店可能

・cookpy上でUberEatsなど既存サービスを利用できるシステムがあり簡単に販売可能

・店舗を構える必要がないので固定費分を削減可能

ユーザーはマッチングしたキッチンで調理し盛り付けるだけで、後日お店の売上から報酬を受け取ることができます。

 

2-2.飲食店向けコンサルティング

同社では

・デリバリーに適した商品の企画開発

・食品OEMから全国のデリバリー販売、EC販売サポート

・SNS運用

・パッケージデザイン

まで一貫して販売をサポートしています。元々店舗の人気だったメニューをデリバリーに最適化された形で提供することができるので、元々積み重ねてきた店舗の強みを活かしつつ収益をあげることができます。

 

2-3.保険制度

一方でキッチン提供側の不安材料として、キッチンを貸して提供した物で食中毒が発生してしまうという懸念があります。同社が提供する保険制度「クラウドキッチン保険」は三井住友海上と連携し、食中毒を起こしてしまった場合にキッチン提供者が法律上の損害賠償責任等被る損害に対して年間限度額1億円まで保証を受けることができる制度です。

画像出典:株式会社cookpy

 

3.利用ステップ

ホームページより問い合わせ後、オンラインでカスタマーサポートチームより店舗の依頼を詳しくヒアリング。その後発注までの流れや用意するもの等を経験豊富なスタッフがサポートします。ヒアリングした内容を元に制作したサンプル品を納品、確認後正式発注となるので「思っていたものと違った」というような事態を回避でき、安心して利用することができます。

画像出典:株式会社cookpy

 

4.まとめ

働き方改革やリモート勤務で自宅にいる時間が長くなり、新しいものやサービスに触れる機会が減少した中、手軽にキッチンを借りて出店できる先駆的なサービスが誕生しました。

天高3m以上 開放感あふれるオフィス セットアップオフィス特集 コンパクトな男女別トイレありオフィス フリーレント6ヶ月以上物件
  • 港区のおすすめ居抜き物件
  • 渋谷区のおすすめ居抜き物件
  • 新宿区のおすすめ居抜き物件
  • 千代田区のおすすめ居抜き物件
  • 中央区のおすすめ居抜き物件