自治体インタビュー

【自治体インタビュー#7】佐賀県唐津市|都市圏へのアクセスも抜群なコンパクトシティ

2022.06.14

佐賀県唐津市の企業立地課の宮崎氏、德田氏に唐津市で働く魅力や企業誘致への想いを伺いました。福岡県・長崎県へのアクセスもよく、利便性の高いエリアです。

 

佐賀県唐津市
企業立地課
副主査
德田 達也氏

 

【佐賀県唐津市公式HP】

 

1.佐賀県唐津市について

1-1.特徴

唐津市は海や山が近いことから、農業・漁業が盛んな地域です。
かつては城下町だったこともあり、歴史のある建物が多く、新たに建設される建物も景観が守られています。室町時代末から歴史のある唐津焼発祥の地でもあり、唐津焼に係る建造物も残っています。

 

1-2.オフィスエリア

現在唐津市では農業や漁業などの地域課題をIT技術で解決していただける企業の誘致に力を入れています。
また、オフィスは唐津駅、唐津市役所周辺に集まっていますが、現状として全体的にオフィスが少ないため、古いオフィスを改修するなど、オフィス創出支援にも力を入れていきます。

 

1-3.観光エリア

土地柄、自然が近いため自然の中にある観光スポットが有名です。
コロナ前は唐津市がアニメの舞台となったこともあり、国内外から数多くの観光客が聖地巡礼に訪れていただきました。

また、唐津は古代より中国や韓国などと交流があり、多彩な文化が育まれた地で、歴史のあるスポットが多くあります。中でも豊臣秀吉の文禄・慶長の役に際し築かれ、全国から名だたる戦国武将が集結した、名護屋城が有名です。現在、名護屋城博物館では、豊臣秀吉が名護屋城に持ち込ませ、実際に使ったとされる「黄金の茶室」を復元し、令和4年3月27日から公開しています。

 

令和4年度からは、実際に「黄金の茶室」の中に入り、お茶をいただくことができる特別な体験プログラムが計画されており、プログラムでは、豊臣秀吉や大名が見たような黄金で包まれた世界を追体験いただくことができます。
詳しくは、名護屋城博物館ホームページをご覧ください。

 

画像出典:波戸岬キャンプ場

また、名護屋城跡・陣跡周辺に海が見える波戸岬キャンプ場があり、そこには県内外から観光客が訪れています。Wi-Fi環境が整っているので、ワーケーションとして利用される方もいます。キャンプ場で自然を楽しむだけでなく、名護屋城博物館で歴史を感じることもできるエリアで、少し珍しいかもしれません。

 

 

その他、16世紀から続いたとされるお祭り「唐津くんち」が毎年11月2日〜4日の3日間にわたって開催されています。
この期間は県内外からの観光客が集まり、かなり賑わいます。絢爛豪華な曳山が巡行するのですが、写真で見るよりも実物の迫力は言葉にできません。最近は新型コロナの影響で例年のように開催できていませんが、新型コロナが落ち着き、通常通り開催できる日が待ち遠しいです。

 

2.働く環境の魅力

唐津市は、自然に囲まれながらも、程よく都市機能が充実しているためワークライフバランスの充実にもつながるのではないでしょうか。

スーパーやホームセンター、複数の総合病院など生活をする上で必要な施設は一通り揃っており、コンパクトな街とも言えます。福岡県へは電車またはバスに乗れば一本でいくことができ、本数も多くあるのでアクセスはいいと思います。

また、佐賀県が「子育てし大県」と銘打って、結婚・出産・子育ての希望がかなう環境を整え「佐賀で子育てをしたい」と思ってもらえるようなプロジェクトを推進しています。出会いから子育てまで支援を行っていますが、現代において子育てがしやすい環境は働きやすさにもつながるのではないでしょうか。
唐津市は認定保育園が多数あり、待機児童ゼロを実現しています。

 

さらに、気候が温暖で寒すぎない環境であることも働きやすさの一つです。
また災害にも強いまちで、地震も少なく、豪雨被害についても、唐津市は地理的に被害が少ないです。どの自治体でもされていると思いますが、唐津市の危機管理防災課でさまざまな対策をしています。

 

今までは誘致で集まる企業の多くが製造系の企業でした。工業団地があるのでそこに誘致できた実績があります。
現在は、唐津コスメティック構想のもと、化粧品関係の企業誘致に力を入れており、近年、化粧品のパッケージ印刷企業や、原料商社などの進出が続いています。

 

製造系以外の企業も多数あり、企業間での交流が盛んなため、シナジー効果も得られるでしょう。例えば、物流業の企業と製造業の企業が連携したり、唐津市に進出した企業が地場の企業のDX化を推進していただくことを目指しています。

 

3.企業向け助成金制度

唐津市の優遇制度は全国トップクラスで、初期投資・ランニングコストを軽減します。
詳しくは下記をご覧ください。

 

【唐津市企業立地ガイド】

 

【SAGA立地ナビ】

 

4.企業誘致への想い

唐津市内の高校の先生によると、IT・ゲーム関係に興味を持つ生徒が増えているそうですが、唐津市にIT企業が少ないため、唐津市外に行ってしまうケースが多いということでした。唐津で働きたいと思っても、希望する企業がないことで唐津市外に出ざるを得ない状況をなくしていければと考えています。

唐津市として企業誘致では採用や会社説明会、チラシ作成の支援など幅広く行っています。進出される際は支援を最大限行っていきたいと考えています。進出する企業の支援をすることにより唐津市全体の活性化につながると信じているからです。

唐津市、そして佐賀県全体で企業誘致に全力で取り組んでいるので、ぜひ当市への進出をご検討ください。

 

5.編集後記

歴史が残る伝統的な街でありながら様々な方法で唐津市のPRに取り組んでいることを伺いました。まだまだIT企業が少ない地域ですが、企業誘致によりさらに活気あふれる地域になるでしょう。
企業誘致について佐賀県全体で積極的に取り組んでいるため、進出の際には検討に入れてみてはいかがでしょうか。

 

佐賀県唐津市の助成金情報のお問い合わせはこちら

ハイッテお問い合わせ窓口
問い合わせ内容に「助成金情報の相談をしたい」など記入いただければお繋ぎいたします。

 

NEWESTハイッテ最新居抜き物件

MAIL MAGAZINE

メールマガジン登録

新着の居抜き物件やオフィス移転の参考になる情報をお届けします。