オフィスビル・エリア紹介

まるでアマゾンにいるような体験ができる「カワスイ 川崎水族館」

2021.12.25

1.カワスイ 川崎水族館について

2020年7月、神奈川県川崎市川崎区にある川崎ルフロンの9階、10階にて開館。既存の建物に水族館を作ったのは日本で初めてでした。「世界の美しい水辺」をテーマに、淡水域の生き物を中心に展示しています。メインキャラはピラルクーやオニオオハシなど。

 

また、公式ホームページの他にも、 Twitter・Facebook・Instagram・YouTubeなど公式のSNSアカウントも充実しています。

 

【公式ホームページ】

【Twitter】

【Facebook】

【Instagram】

【YouTube】

 

2.カワスイの魅力

2-1.最新技術で楽しめる

多摩川ゾーン、オセアニア・アジアゾーン、アフリカゾーン、南アメリカゾーン、パノラマスクリーンゾーン、アマゾンゾーンの6エリアで構成されている同館。

多摩川ゾーンと南アフリカゾーンの水槽の背景には、巨大スクリーンが設置されており、カワスイのために撮り下ろされた多摩川の景色や、南米・アマゾン川流域の風景が映し出されています。時間帯によって異なる映像が流れ、定期的にデジタル図鑑も流れているので、生き物たちのことを学ぶことができます。

パノラマスクリーンゾーンは200度の大型スクリーンには、アマゾンに生息する生き物が泳ぐ映像が流れており、人の動きを感知するセンサーを導入。生き物が近寄ってきたり、回転したりと、まるで飼育員になったかのような気持ちを味わえるようになっています。

また、水槽内の生き物の解説を自動で表示する展示システムを世界で初めて導入しています。更に、QRコードを読み取ると、生き物のを解説をスマホでもチェックすることができます。こちらは水族館を出た後も確認できて便利です。

 

画像出典:カワスイ公式ホームページ

 

2-2.世界の水辺の生き物に出会える

カワスイでは通常水族館にいる魚だけではなく、カピバラやアルマジロ、カメレオンやワライカワセミなどの爬虫類や鳥類まで幅広く展示されており、まるで本当にアフリカや南アメリカに来ているような臨場感を味わうことができます。

 

2-3.充実のカフェレストラン

森をコンセプトとした「こもれびカフェ Sweets & Cafe」や同カフェ内にある「ソラネコカフェ」など、癒し空間でゆっくりランチをするのもおすすめ。

また、「CAFE CRAM(カフェ クラム)」は、パフェなどのスイーツや川崎のクラフトビールを楽しむことができるので、館内をたくさん歩いた後の休憩にはもってこいです。

画像出典:カワスイ公式ホームページ

ディナーは「AOW」で、世界各国を旅したシェフこだわりの料理を外の眺望を楽しみながらいただくことができます。

 

3.まとめ

水族館が入ることを想定していない建物の構造だったからこそ、最先端技術を駆使した、他の水族館と一味も二味も違う楽しみ方ができるカワスイ。川崎駅前徒歩1分という好立地で、今後もどんどん人気が出ていきそうです。

NEWESTハイッテ最新居抜き物件

MAIL MAGAZINE

メールマガジン登録

新着の居抜き物件やオフィス移転の参考になる情報をお届けします。