その他

IPPO営業インタビューNo.4野橋晃浩

2021.12.06

今回は、弊社営業部にインタビューをしました。参考になるような移転豆知識や、この人にコンサルをお願いしたい!という営業マンが見つかるかも・・・。第四弾は、「野橋晃浩」です。

 

1.プロフィール

幼少期からダンスに熱中し、大学時代に海外のダンスイベント等にも登壇しパフォーマンスをする。その後、オフィス仲介の業界に飛び込み、IPPOの創業期から参画。

 

 

2.オフィスを紹介するときに気をつけていることやこだわり

細かく挙げるとたくさんありますが、下記4点が大きなチェックポイントです。

・駅からの距離、交通アクセス

・ランチ環境

・間取り、日当たり、水回りの綺麗さ

・セキュリティ

こうして挙げてみると、一般の住居と変わりないですね。今はリモート勤務を取り入れている企業も増えましたが、もし週5通うなら尚更通いやすい、過ごしやすい方がいいですから。

 

当然ながら、いい物件に移転してもらいたいので、クライアントが気づかないような細かいところもこちらでチェックをするよう徹底しています。

あとは即レス即対応を心がけています。レスを待っている間って、結構そのことに気をとられてしまうと思うので、出来る限りすぐに応えています。

 

3.印象に残っている移転エピソード

ある上場企業の子会社の移転ニーズをいただいた案件です。100坪で移転を検討していて、5社でバッティングしていたのですが、気に入っていただけて無事契約いただきました。更には上場企業の1500坪の本社移転も依頼いただくという結果で嬉しかったです。不動産営業としての知識がストックできた経験でした。

 

4.好きなエリア

浜松町と大崎が好きです。 東京、品川、渋谷など主要駅へのアクセスが良く、周辺エリアに比べて価格も比較的安い為、穴場だと思っています。 街並みも綺麗に整備されており、ランチ環境もそれぞれ申し分ないです!

特に浜松町エリアは最近再開発が活発で、ソフトバンク本社が新しくできたり、以前に比べ活気がでてきていると思っています。 大崎エリアはりんかい線や湘南新宿ラインも通っておりアクセスが良く、品川駅から一駅とは思えないほどオフィス価格も安いのでオススメです。

 

5.IPPOが展開するハイッテについて

居抜き物件は、内装コストが大幅に圧縮できる点が最大の魅力だと考えています。 退去時に居抜きで退去できれば、原状回復コストも抑えることができるので、入退去時ともに低コストで移転が実現可能な点に魅力があります。 移転スピードの速いベンチャー企業からすると減価償却期間等を気にせず移転できる点もメリットがあり、非常に相性がいいですね。 また、主に資金調達を行うベンチャーからすると内装にかけるコストよりも、採用や運転資金に回したい考えの経営者も多い為、居抜きによるメリットは多いと思います。

 

6.編集後記

対応スピードが随一の野橋晃浩。物件知識も抱負で、社内でもいち早く穴場区画の情報を掴んでいます。

NEWESTハイッテ最新居抜き物件

MAIL MAGAZINE

メールマガジン登録

新着の居抜き物件やオフィス移転の参考になる情報をお届けします。