その他

【第2弾】不動産の各デベロッパーが取り組んでいる注目されるSDGs活動とは?

2021.11.05

1.SDGsと企業の取り組み

近年、環境保全に対する考え方に注目が集まり、ファッションや不動産など様々な分野で「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」という言葉を目にすることが増えました。

※以前、SDGs活動に関する第1弾記事として、不動産デベロッパーである三菱地所株式会社、三井不動産株式会社、住友不動産株式会社の3社が取り組んでいる活動についてのコラムも公開していますので、ぜひご覧ください。

 

※不動産デベロッパー3社が取り組んでいるSDGs記事【第1弾】はこちら

 

そもそもSDGsとは、2015年9月の国連サミットにて、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成したいと掲げた目標のことを指します。
達成すべき項目として、17項目の目標が掲げられており、様々な企業が取り組みを実施しています。

今回も、第1弾に引き続き不動産デベロッパーが取り組むSDGs活動について、まとめました。
紹介する不動産デベロッパーはこちら

●野村不動産株式会社
●森ビル株式会社
●東京建物株式会社

この3社の取り組みについて、見ていきましょう。

 

1-1.野村不動産株式会社

【野村不動産株式会社のSDGsな取り組み】

 

野村不動産株式会社は、達成すべき項目を4つのテーマに分類しSDGsへ貢献していくことを目標にしています。
掲げている4つのテーマについて紹介していきましょう。

 

1.<安心・安全>

◎建物の建設現場の品質の管理を徹底し、能力・技術の向上に努めていく。
◎グループが保有する建物の運営・管理について品質向上と、より良いサービスの展開を目指す。
◎建物を長寿命化と耐久性を最大化させ、廃棄物の削減や入居者の心理的・経済的負担を軽減していく。
◎震災・災害・水害などの自然災害に備え、管理物件の防災支援を拡充させていく。

【関連するSDGs】
9/11/13

 

2.<環境>

◎環境マネジメントシステムを活用し、環境に配慮した取り組みを強化。
◎気候変動のリスク管理を徹底し、自然災害などからの安全確保に努めていく。
◎水不足や水質汚染などリスクを見据え、水資源利用のための設備やサービスを展開していく。
◎生物の生存環境に配慮し、建物の周辺環境の緑化や、資材調達時のガイドラインを制定。 自然環境や生態系へ配慮した取り組みを促進していく。
◎建物の長寿命・高耐久化を目指し、廃棄物の排出を減らし、リサイクル率向上を目指す。

【関連するSDGs】
6/7/11/12/13/15

 

3.<コミュニティ>

◎建物の入居者同士のコミュニケーションが活性化するような仕掛けや仕組みを取り入れ、新しいコミュニティ形成をサポートしていく。
◎地域とのコミュニティづくりを強化し、街の活性化に努めていく。

【関連するSDGs】
8/11/17

 

4.<健康・快適>

◎ユニバーサルデザインを推進し、年齢や身体機能、言語に関わらず誰もが平等に利用することができるサービスを提供していく。
◎高齢化や健康志向の需要に対応し、健康維持や医療に関わるサポートを強化したサービスを提供していく。

【関連するSDGs】
9/10/13

 

1-2.森ビル株式会社

【森ビル株式会社のSDGsな取り組み】

 

森ビルグループは「Vertical Garden City=立体緑園都市」を理想とし、「街づくりとその運営」を通じて、「都市と自然の共生」「都市の低炭素化」「資源循環」の4つのテーマを掲げ、持続可能な社会の実現に貢献しています。

 

1.<都市と自然との共生>
再開発時や新たな事業施設などの建設時に、敷地内の緑化を推進し、生態系の維持と保全を目的とした、自然と共存する都市づくりに取り組んでいる。
また、緑化することにより、周辺地域のアスファルト舗装に比べて表面温度が低くなり、ヒートアイランド現象の緩和にもつながっている。

 

2.<都市の低炭素化>
都市の低炭素化を目指し、新しくビルや施設を建設時には、環境に配慮した最新技術設備を導入し、余分なエネルギーの削減を推進し、低炭素化への取り組みを実施している。

 

3.<資源循環型の都市>
事業施設においての廃棄物を減らし、リサイクルできる仕組みと利用者にもわかりやすい分別方法を導入し、効率的に収集・活用ができる形を提案している。
また、雨水を水資源として再利用し、環境に配慮した循環がされるよう努めている。

 

4.<環境コミュニティ>
都市の安全や環境について子どもたちが学べる教育プログラムを実施したり、街の清掃ボランティアなどの活動を通じて、地域の人たちと交流できる機会を設けている。
また行政とも協力し、様々なキャンペーンやイベントを実施し、環境改善への取り組みに貢献し続けている。

 

1-3.東京建物株式会社

【東京建物株式会社のSDGsな取り組み】

 

東京建物株式会社は、「都市の未来に貢献する」街づくりを目指しています。
それを実現していくために、SDGsの達成すべき目標を4つのテーマに分類し、それぞれを推進しています。

掲げている4つのテーマを紹介します。

 

1.<環境への取り組み>

◎気候変動によって影響を受けた、大規模な震災や水害などに対応できる適応力を高めていく。
◎街の緑化を推進し、自然の維持と生物多様性の保全に努める。
◎水資源の利用を減少させるべく、最新設備機器を導入し、環境改善に努めていく。
◎有害物質や廃棄物を最小限に減らし、環境への負担を軽減させていく。

【関連するSDGs】
6/7/12/13/15

 

2.<安心・安全の取り組み>

◎すべての利用者が満足できるサービスと設備を備えた住まいの提供を通じて、安全で安心できる街づくりを目指す。
◎大規模な自然災害に対応できる設備や防災機能を充実させ、安心・安全を提供する。

【関連するSDGs】
11

 

3.<社会変化への対応>

◎高齢の方でも安全に暮らせるサービスや設備の提供を通じて、健康的な生活に貢献していく。
◎女性の社会進出を支援し、より質の高い生活を提供できるよう推進していく。
◎保育設備を充実させ、待機児童のいない未来を目指す。
◎様々な世代、カルチャーの新たなコミュニティを創り上げ、活性化させるサポートを実施。

【関連するSDGs】
3/5/11

 

4.<地域社会への貢献>

◎街や地域のつながりを活性化させる支援を実現させる。
◎防災支援やボランティア活動などの社会貢献活動を通じて、持続可能な街づくりを目指す。

【関連するSDGs】
11/17

 

事活動全体においては、不動産デベロッパーとして、街や地域の活性化に努め、住み続けたくなる街づくりに貢献していくことを掲げ、17項目の【11.住み続けられるまちづくり】に関連しています。

 

2.まとめ

第1弾に引き続き不動産デベロッパーの取り組みを紹介しました。
いずれも、街の環境や施設への環境に配慮した設備導入など、不動産業界らしい取り組みが多く実施されています。
皆さんの会社ではどのようなSDGsの取り組みが行われているでしょうか。
改めて考え、個人でもできることがあれば、実践していきたいですね。

NEWESTハイッテ最新居抜き物件

MAIL MAGAZINE

メールマガジン登録

新着の居抜き物件やオフィス移転の参考になる情報をお届けします。