オフィスビル・エリア紹介

「渋谷」の由来・歴史とオフィスを置く魅力紹介

2021.11.23

1.渋谷について

1−1.地名の由来

渋谷の地名の由来には諸説あります。

 

昔は渋谷が入江で「塩谷」と呼ばれていたものが「渋谷」に変わったという説もあれば、平安時代に渋谷一帯の領主だった河崎重家の御所に侵入した賊の名前が「渋谷」だったからという説もあります。

 

1−2.渋谷の歴史

江戸時代は渋谷の丘の上は身分が高い人が住む武家屋敷のエリアでしたが、明治時代に渋谷駅が完成し、徐々に商業地として栄えてきました。戦後、オフィスビルが多く立ち並び、オフィス街として成り立ちました。

 

2.渋谷にオフィスを置く魅力

2−1.スタートアップ・ベンチャーが多い

渋谷は都内でも特にスタートアップ・ベンチャーが集まっているエリアです。

「BitValley」と呼ばれており、2000年初頭から有名ITベンチャーが本社を置いたことに続いて、他のスタートアップ・ベンチャーも集まるようになりました。

 

渋谷に拠点を置くスタートアップ・ベンチャーの中には同業同士での交流も盛んに行っており、ビジネスの活性化にも繋がっています。例えば、WeWork渋谷スクランブルスクエアでは入居企業が参加できるイベントの開催をしており、企業の壁を超えた交流をしています。

 

また、渋谷区がスタートアップ支援事業を行っていることもあり、渋谷での起業がしやすいことも影響しています。

 

 

▼渋谷に集まる企業の特徴

 

2−3.利便性の良さ

渋谷駅はJR東日本の各線、京王井の頭線、東京メトロの各線、東急電鉄の各線の4社・12路線が乗り入れるターミナル駅です。各方面からのアクセスがいいこともあり、渋谷に本社を構える企業も多いです。

 

さらに、渋谷駅周辺では渋谷スクランブルスクエアや渋谷ストリームを始めとする複合施設などの再開発が進んでいます。その周辺の道路や歩道も整備されているため、より渋谷の利便性が向上していくでしょう。

 

 

3.まとめ

渋谷の地名の由来・歴史、渋谷の魅力を紹介させていただきました。

再開発が進む渋谷ですが、他のエリアでも再開発が活発になっています。オフィスのエリア選びの際の参考にしてみてください。

NEWESTハイッテ最新居抜き物件

MAIL MAGAZINE

メールマガジン登録

新着の居抜き物件やオフィス移転の参考になる情報をお届けします。