オフィスビル・エリア紹介

ファッション、グルメを楽しめる人気スポット「新丸の内ビルディング」に入居する企業3選

2022.01.11

1.新丸の内ビルディングとは

2007年4月竣工。東京都千代田区丸の内一丁目にある超高層ビルで、通称「新丸ビル」。

1952年に建設された「新丸の内ビルヂング」を建て替えたものです。地下で東京駅に直結しており、地下道を通じて丸の内一帯のビル群や駅に行くことができます。

 

地下1階・5階〜7階は飲食店、1階〜4階はアパレル雑貨、9階〜37階はオフィスになっています。物販と飲食店を合わせると合計150以上のテナントが入居しており、ショッピングも食事も存分に楽しめます。

 

また、10階には事業開発支援を提供する日本創生ビレッジ(EGG JAPAN)を開設。ベンチャー企業への支援に力を入れています。

 

2.新丸の内ビルディングに入居している企業3選

2-1. Kuaipao Japan株式会社

中国で2012年に宿泊サービスをスタートし、民泊、ホステル予約、IoTサービス等バケーションレンタルサービスを提供。2019年に日本法人を設立。世界中700以上の都市で物件を所有しており、ユーザー数は5000万以上。主なユーザーは20〜30代の若年層で、宿泊ライフのサポートをしています。

 

 

2-2.日本商業開発株式会社

2000年設立の不動産デベロッパー。地主ビジネスに特化しており、東証一部上場。

土地を買う、貸す、などの地主に徹したビジネスを展開しつつ、スポーツ支援や文化支援なども行っています。

 

 

2-3.株式会社クリーンプラネット

2012年設立。科学技術によってクリーンで、無尽蔵のエネルギーを創出する仕組みを作ることをミッションとし、量子水素エネルギーの開発などに取り組んでいます。

 

 

3.まとめ

グローバル企業が多く入居している新丸の内ビルディング。日本と世界を繋ぐエリアとして、今後の発展も楽しみです。

NEWESTハイッテ最新居抜き物件

MAIL MAGAZINE

メールマガジン登録

新着の居抜き物件やオフィス移転の参考になる情報をお届けします。