サービス紹介

オフィスで使えるサブスク5選

2021.12.04

1.様々なサブスクリプションサービス

意識せずともいつの間にか利用していることも多いほど、今や世の中に浸透している「サブスクリプションサービス」。企業向けにも、シェアオフィスや会議室、ランチラービスや家具など、様々なサブスクが展開されています。今回は、企業やオフィス向けに展開されているサブスクを5つ紹介させていただきます。

 

2.オフィスで使えるサブスク5選

2-1. Sound Design for OFFICE

オフィスのBGMはもちろん、チャイム音や社内アナウンスなどにも利用できる「Sound Design for OFFICE」。様々なテーマやシーン別で音楽が厳選されているチャンネルを流すことも、コロナ予防コメントを時間帯別に放送することも可能です。

 

2-2. officeglico

お菓子やアイス、飲料などをオフィス内で気軽に購入できる「officeglico」。専用ボックスの貸し出しや設置は無料で、商品代金のみがかかる形です。「お菓子を食べて、疲れた体をリフレッシュしてほしい」という意味を込めて、カエル型の貯金箱が設置されます。

 

2-3.yogibo

快適すぎて動けなくなる魔法のソファ「yogibo」。リラックスルーム(休憩室、仮眠室)を儲けて配置する企業が多いようです。中には、リラックスした状態で意見交換が出来るようにと打ち合わせスペースに配置する企業も。

 

2-4. shelf

読みたい本を毎月3冊ずつ届けてもらえる「shelf」。社内研修や社内教育、ビジネススキル向上を目的として福利厚生に取り入れるのもオススメです。また、不要になった本は引き取り、利用料金の割引をしてくれるので古い本が邪魔になる、なんてこともありません。

 

2-5.るーでんすぱーてぃー

2022年4月からサービス開始予定の「るーでんすぱーてぃー」。オフィスにボードゲームを届けてくれるサービスです。社内、社外問わずコミュニケーションのきっかけに使ったり、営業力や交渉力を楽しく身につけるツールとして利用が出来ます。

 

3.まとめ

よく見かけるサービスから、少し変わったサービスまで様々なサブスクが続々リリースされています。「働き方改革」の一環として、導入を検討してみるのもいいかもしれません。

NEWESTハイッテ最新居抜き物件

MAIL MAGAZINE

メールマガジン登録

新着の居抜き物件やオフィス移転の参考になる情報をお届けします。