働く環境

最大50億円の企業誘致補助あり?つくばエクスプレス沿線エリアでのつくばスタイル

2022.01.22

※トップ画像出典:つくばエクスプレス公式サイト【TXファン】より

1.つくばの魅力

1-1.つくばスタイル

茨城県の南に位置するつくば市は、業務核都市・国際会議観光都市に指定されています。
つくば市の北端には筑波山が広がる自然豊かな街。最先端の科学技術をもつ企業や研究所が集中しているということでも有名です。
特に、つくばエクスプレスが通る、つくば市、つくばみらい市、守谷市のつくばエリアは、都市・自然・知のバランスの良い地域です。
そんな魅力の詰まったつくばエリアで叶う素敵なライフスタイルのことを「つくばスタイル」と呼んでいます。

 

1-2.つくばエクスプレス


画像出典:【つくばエクスプレス公式サイト】

平成17年8月24日に開業したつくばエクスプレス(TX)は、東京都の秋葉原駅~茨城県のつくば駅間の20駅、およそ58.3kmを走行する鉄道路線です。正式名称は首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス。
最高運転速度130km/hとなり、起点から終点まで最速45分!
高速走行における安全性はもちろんのこと、沿線への振動や騒音軽減など環境面へも配慮した設計となっています。
つくばエクスプレスの開業により、首都圏北東部への利便性の高い交通手段が整備され、通勤、通学の快適性も向上しました。

 

2.茨城県内TX沿線の開発地区一覧

画像出典:【つくばエクスプレス沿線のまちづくり】

つくばエクスプレス(TX)により、都内までの良好なアクセスとTX沿線エリアでは「都市」「自然」「知」が充実しバランスの取れたつくばスタイルが実現。
国の研究機関や民間の開発事業所が集まり、日本を代表する科学技術の集積を活かした、IT、バイオ、ナノ、環境など多様な分野でTX沿線の産業活動が可能です。
つくばスタイルで、住み、働き、学び、遊ぶことが可能な、茨城県内のTX沿線地域を4つのエリアに分けて紹介します。

 

2-1.みらい平地区

周辺には緑豊かな田園地帯が広がり、豊かな自然の残るエリア。
みらい平駅はTXの中でも唯一の掘割の駅。この地区のランドマーク的な存在の大きな緑色の屋根が特徴です。
このエリアでは、広がる田園地帯を大切に自然との調和を保ちながら開発が進行中。
「住む、働く、学ぶ、憩う」といったニーズに応えながら、住宅と商業・業務施設が複合した美しい自然溢れる新市街地を目指しています。

 

2-2.つくばみどりの里地区

つくばみどりの里地区はつくば市最南端に位置するエリア。
こちらのエリアも周辺は田園地帯が広がり農村集落との接点も多いのが特徴です。
古くからある農村と新たな住宅地の交流を深め、近隣地区の守谷地区、みらい平地区と連携し、緑豊かな自然と暮らしが調和したた田園都市づくりをめざしています。
みどりの駅は国道354号のすぐ近く南側に位置し、駅周辺には商業や業務などのセンター施設が隣接しており、このエリアの開発の核とする計画が進行中。

 

2-3.田園都市 島名地区

田園都市島名地区は、つくば市の南西部に位置しています。つくばエクスプレス万博記念公園駅までは秋葉原駅からおよそ46分で到着。
駅周辺には、商業・業務施設が隣接し地区の核となっています。優良な住宅地や、国道・剣道などの幹線道路沿いでは交通の利便性を生かし人と物との交流拠点を目指した沿線開発が進行中。
自然環境を守りながら、住みやすい住宅地づくりに取り組み、農地や山林が広がるつくば地域らしい人と自然に優しいまちづくりも進められています。

 

2-4.研究学園 葛城地区

つくば市中心部に隣接して位置している研究学園葛城地区。副都心としての役割をになっているエリアです。
市役所や大型商業施設、各種業務施設等が配置され、市街化した地域に囲まれている特徴も。
TX沿線上では最も広い開発面積を有しています。南北には大規模な誘致施設が配置される予定です。
日本を代表する科学の街として有名でもありますが、大規模な公園緑地を整備し自然と調和した住宅地や商業・業務施設の充実からさらに住みたい街へと進化し続けています。

 

2-5.中根・金田台地区

TX沿線開発地区の中では最も北側に位置する中根・金田台地区。市街地として充実しているテクノパーク桜地区に隣接しているエリアです。
一画地約600平方メートルほどの大規模な「農地」「緑地」「住宅地」が一体となった「緑住農一体型住宅地」をまちづくりとして進めていきます。新しい郊外住宅地の取り組みとして、地権者、施行者、行政の三者が協働で実施。
地域の資産を活かしたまちづくりが進められています。

 

3.スタートアップ推進都市つくば

3-1.充実した支援

日本を代表する科学技術が集まる地域として有名なつくば市では、スタートアップ向けの支援が充実。
つくば市は、2つのヴィジョンを掲げて、スタートアップの創出による持続可能なまちづくりに取り組んでいます。

・スタートアップに寄り添うまち「スタンドバイ・スタートアップ」
成長段階に合わせたスタートアップ支援をすることで、寄り添いながら成長を促していくまちづくりが進んでいます。

・科学技術が社会実装されるまち「ディプロイシティつくば」
研究機関とスタートアップが連携することで、つくば市にある科学技術を製品化・サービス化し、市内で社会実装します。地域全体が、スタートアップ×科学技術のショーケースとなるようなまちを目指していきます。

 

また、つくばエリアでは、行政によるバックアップ支援のセミナーや相談会の開催が開催されるコワーキングスペースの充実も魅力の一つ。

▼つくばスタートアップパーク

画像出典:【つくばエクスプレス沿線のまちづくり】

つくば市が運営しているインキュベーション施設。
テクノロジー系のスタートアップ支援をメインとし幅広い起業ステージに対応しています。
スタートアップに関わる、起業家、研究機関、投資家、金融機関などの多様な人々が交流を深めるつくばのスタートアップ推進拠点。
会員登録をすることでコワーキングスペースとして利用可能。
定期的に、行政によるバックアップ体制として、起業相談会、専門家相談会などが開催しています。

▼他コワーキングスペース
・つくば研究支援センター(TCI)
・つくば創業プラザ・つくば創業プラザ
・スタートアップオフィス
・iriai Tempo

 

3-2.都心へアクセス良好

前述したように、つくば駅から都内の秋葉原駅までは最短45分で移動が可能です。守谷駅から秋葉原駅であれば最短32分。
都心からは50km離れてはいますが、つくばエクスプレスのおかげで都心へのアクセスも苦ではありません。打ち合わせや出張なども快適に早く移動できます。
また、圏央道や常磐自動車道、茨城空港なども近隣にあるため、車や飛行機の使用も可能。
交通インフラの整備が整っているため、事業所と工場や倉庫を持つ企業にもおすすめです。

 

3-3.豊かな自然環境

エリア紹介でも緑豊かな土地が特徴であったように、自然と都市の機能が調和し共存しています。
また、つくばエクスプレス沿線のつくば市、守谷市、つくばみらい市では多くの公園も点在。
仕事の合間のリフレッシュや、住む上での憩いの場となりアウトドアライフを楽しむことができるのもつくばならでは。

 

4.TX沿線の企業誘致制度、補助金

4-1.本社機能移転に係る優遇制度

①本社・本社機能移転を対象とした補助
他都道府県から本社機能を茨城県へ移転する際の支援です。
全業種が対象となり、上限は1億円。県内全域が対象地域となります。
また、新たな成長分野としての本社移転、研究所移転の場合は、補助上限額はなんと50億円。対象分野は、AI・IoT・ロボット・次世代自動車等。

 

②オフイス整備・オフイス賃料に対する補助
オフィスに関する補助は、オフィスビル整備促進補助・サテライトオフィス等モデル施設整備費補助・IT関連企業等賃料補助の3種類があります。
実績に応じてオフィス整備費用を支援するもの、新たな成長分野の企業が県内移転する際に費用を一部補助してくれるものなど。
上限は最大で3億円まで補助してもらえるものも。

 

4-2.スタートアップ関連補助金

①ビジネスプランコンテスト等参加支援補助金
新たな事業分野の開拓や技術の開発、新たな産業の創出に取り組む事業者、起業者が対象。
コンテストへ参加することで、投資家や他職種と、交流から、事業の連携、資金調達など協業に発展することを目的として参加補助金が創設されています。

 

②スタートアップ立地推進奨励補助金
つくば市内に新たに事業所を開設したスタートアップが対象。
市内の産業の発展と雇用の拡大に寄与するスタートアップに、事業所新設の経費を一部補助することで、研究学園都市へ産業の創出、発展を図ります。

 

4-3.つくばみらい市の企業立地促進優遇制度

つくばみらい市内で、法人等が対象となる事業所や事務所の新設をした際に、新増設部分の固定資産税、都市計画税が3年間免除されます。締め切りは令和4年3月31日まで。

 

4-4.つくばみらい市の雇用促進奨励金制度

つくばみらい市内で、事務所や事業所の新増設をし、新規雇用者を雇用した場合、雇用促進奨励金の対象となります。新規雇用者は市内に住所を有する者。
新規雇用者1人につき15万円、施設単位では300万円が上限となっています。

 

5.まとめ

今回は、茨城県のつくばエクスプレス沿線における企業誘致補助、エリアの魅力について紹介しました。
つくばエクスプレスにより都心へのアクセスがよく快適である上に、住みやすく働きやすい、自然と都市の混ざり合う地域ですよね。そして、国内でもトップレベルの補助制度の充実度!
申請に関するスケジュール、要件は変動する場合がありますので詳しい最新の内容は、各サイトでご確認いただくことをおすすめします。

 

NEWESTハイッテ最新居抜き物件

MAIL MAGAZINE

メールマガジン登録

新着の居抜き物件やオフィス移転の参考になる情報をお届けします。