インタビュー

IPPO営業インタビューNo1.上田豊

2021.11.29

今回は、弊社営業部にインタビューをしました。参考になるような移転豆知識や、この人にコンサルをお願いしたい!という営業マンが見つかるかも・・・。第一弾は不動産業界一筋のベテラン、「上田豊」です。

 

1.プロフィール

大学新卒で不動産業界に入社。アパートのサブリース業者にて管理業務(退去の立ち会い・メンテナンス・延滞督促・クレーム対応など)を経験した後、オフィス仲介の会社へ法人営業として転職。

 

 

2.オフィスを紹介するときに気をつけていることやこだわり

痒い所に手が届く提案を心がけています。ここを気にしていたから、はっきりとは口に出していなかったけどここも気になるだろう、なら先に調べておこうとか。

あとは、物件の概要がまとまっている資料をクライアントに見せるときは、左下に坪数とか価格とかをピックしてまとめてあるものを見せています。これ、業者によって書き方とかバラバラで見にくいんです。統一して左下に書いておくと、自分も見やすいしクライアントもわかりやすいと思うので。

 

特に気をつけていることは、当たり前のことですが、間違った情報を伝えないように事前に確認を徹底しています。物件資料に、たまに入居日や条件が「相談」となっているものもあるので、そういうところは先に確認を入れておいたり。

そういう部分をきちんと確認しておけば、もっとスムーズな打ち合わせが出来たのに・・・となることもないですし、何より間違った情報で期待値が上がってテンションも上がって、いざ間違いでしたとなるとがっかりさせてしまうので。そのあたりは本当に気をつけています。

 

3.印象に残っている移転エピソード

とあるクライアントで、移転を検討して最初は他社で既に内見まで進めていたんです。候補もいくつかに絞っていた状態だったんですが、迷っているとご相談いただきました。

内容をお伺いすると、ランニングコストと初期コストを抑えて、且つ資格の絡みで2年以上の契約でないとダメとのこと。

結論、広さが同じくらいで坪単価を安くしつつ、居抜きの建て替え物件を紹介させていただいたところ、気に入っていただけて弊社で契約まですすめていただきました。

 

何故印象に残っているかでいうと、その資格の取り決めについて、都庁にいる担当者に確認に行ったからです。居抜きの建て替え物件は、借りられる期間が1年半で決まっているのですが、資格の縛りについて、1年半でも2年でも変わらなくない?なんで2年じゃないとダメなの?と、自分でも気になったので。きちんとした事情があればOKという許可も貰って、無事ネット工事と什器の搬入だけで入居ができました。

正直オーナーさんの風当たりもやや強い業種のクライアントなのですが、事業内容を詳しく私から説明してOKを貰えました。

 

やはり「移転してよかった」「上田さんに頼んでよかった」と思ってもらいたいので、他社がやらないような部分まで、フォローさせていただいています。

 

4.好きなエリア

①新宿御苑(新宿三丁目エリア)

複数路線利用可、周辺に飲食店が多い、坪単価が安い

②渋谷

複数路線利用可、物件の数が多い、IT企業が多い

③神田須田町

複数沿線利用可、周辺に飲食店が多い、坪単価比較的安め

 

従業員の方の通勤のしやすさや、お客様の来訪しやすさを考えると、やはり複数沿線利用できるのは非常に大事なポイントになります。

周辺環境も大切ですよね。ランチ難民になるのって、意外とストレスじゃないですか。

 

5.IPPOが展開するハイッテについて

居抜き物件が多数掲載されているハイッテですが、居抜き物件についての魅力は2つあります。

1つ目は、コストが圧縮できること。内装費用は特に、通常の半分か半分以下になります。事例として挙げると、普通に準備したら1000万かかるところが500万程度で済んだり。

2つ目は、考える時間が少なくて済むこと。今のデザインをそのまま使うか、少し変えるかの2択で済んでしまうのでイチから考えるより遥かに考えやすいと思います。例えば、壁のここだけ変えようとか、床だけ新品にするとか。

イチから考えて、お金も掛けて、満足度100%で移転することもいいのですが、特に成長期のスタートアップだと、大体2年程度で次回の移転を計画しているクライアントが多いので、そうなってくると今の段階では費用や時間を抑えて、その分他にまわした方がいい、ということも多いです。クライアントの事業計画をしっかり伺って、一緒に考えさせていただいています。

 

6.編集後記

細やかな気遣いが魅力の営業マン・上田豊。インタビューの回答からも、誠実さが伝わってきました。

NEWESTハイッテ最新居抜き物件

MAIL MAGAZINE

メールマガジン登録

新着の居抜き物件やオフィス移転の参考になる情報をお届けします。